News&Topics

ニュース&トピックス

2021/04/28

地域マイクログリッドを活用したエネルギーマネジメント事業協定を締結 ~先進的な事業モデルを確立するPoCの場として活用~

株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔、以下「A.L.I.」)は、昨年9月に経済産業省の令和2年度「地域の系統線を活用したエネルギー面的利用事業(地域マイクログリッド構築事業)」に採択されたことを受け、小田原市、京セラ株式会社、株式会社REXEV、湘南電力株式会社と共にコンソーシアムを結成し、「小田原市における地域マイクログリッドを活用したエネルギーマネジメント事業」に関する事業協定を締結し、この度小田原市役所本庁舎にて協定調印式を執り行いましたことをお知らせいたします。

(左から)湘南電力 原氏、京セラ 濵野氏、小田原市長 守屋氏、REXEV渡部氏、A.L.I. 渡慶次

本調印式では、2050年の脱炭素化に向けた持続可能な地域社会の構築を目指し、神奈川県小田原市における地域マイクログリッドを活用したエネルギーマネジメント事業の紹介と、事業推進に向けた各社の表明、ならびに代表者による調印が行われました。

小田原こどもの森公園わんぱくらんど、小田原市いこいの森において、令和2年度から令和3年度までの2年間で地域マイクログリッドを構築し、その後の運用を行ってまいります。太陽光発電による再生可能エネルギー設備や各種調整力(蓄電池、EV、調整力ユニット)を導入し、一般送配電事業者が所有する既存の配電網を活用しつつ、災害等による大規模停電時でも自立的に運用を行える新たなエネルギーシステムの構築事業です。一定規模のエリアでの面的なエネルギー活用を前提に、既存の配電網でEV・蓄電池・調整力ユニットを活用した地産地消のエネルギーによる地域マイクログリッド構築は、国内でも非常に先進的な試みです。

本協定では、高度な地域エネルギーマネジメントの実施によって、分散型再生可能エネルギー等のエネルギーリソースの導入拡大を通し、脱炭素・持続可能な地域社会の実現を目指して、以下の役割のもと各社連携をとりながら事業を推進してまいります。

■本事業における各社の役割
・小田原市
エネルギー施策との連携、取り組みの周知、発信。
・京セラ株式会社
コンソーシアム全体の取りまとめ。太陽光パネル、蓄電池の導入と運用。REMを活用したマイクログリッド内の需給バランス、電圧・周波数安定化オペレーション。
・株式会社REXEV
EVによる調整力機能の提供とそれを支える基盤としてのEVエネルギーマネジメントシステム(EVEM)の構築。非常時における動的な電源・調整力としてのEV提供。
・湘南電力株式会社
小売りとしての地域内への電力供給。平常時における電力の需給管理や調整。
・株式会社A.L.I. Technologies
需給バランス機能の提供(調整力ユニット)およびREMの導入。ブロックチェーン技術を活用した再生可能エネルギーの共有モデル構築、スマートメーターのブロックチェーンノード化によるデータの利活用。

■本事業におけるA.L.I.の取り組み内容
A.L.I.はコンソーシアムにおいて、令和2年度から3年度にかけ、下記の取り組みを順次実施して参ります。

(1) 新たな再エネファイナンス手法の提案
小売電気事業者にとって、地域内の再エネ導入時の大きな課題となる初期投資負担を解消するために、A.L.I.は、デジタル技術を活用した、複数需要家による間接的な再エネ設備の所有モデルにつき、湘南電力と実証を行います。

(2) 環境価値取引プラットフォームの提供
気候変動の最大要因といわれているCO2排出量削減のニーズは年々高まっています。A.L.I.は、自社展開するプラットフォーム“zeroboard”上で、卒FIT・非FITの太陽光パネル発電の自家消費分から発生する環境価値を抽出し、容易に売買できる仕組みを構築することで、環境価値の地産地消を推進します。

(3) ブロックチェーンを活用したスマートメータのデータ基盤検証
社会全体でのスマートメータのデータ利活用に向けて、スマートメータのブロックチェーンノード化によるセキュリティ向上と、データ流通の仕組みを構築します。これにより、行政にて進められている次世代スマートメータの検討に資する実験結果と、新たなサービスの創出を目指します。

(4) 演算サーバを活用した新たな調整力の創出
演算サーバはAIやコンピュータグラフィックス、ブロックチェーンなど次世代テクノロジーの基盤となり、今後更なる需要の拡大が見込まれています。本実証では、演算サーバを、応答時間が短い柔軟な電力需給調整力ユニットとして、マイクログリッド運用に活用します。

(5) 地域エネルギーマネジメント
マイクログリッド内の蓄電池(EVを含む)および調整力ユニットの統合制御により、系統接続時はマイクログリッド外との電力融通も含めた再エネの有効活用、系統解列時はマイクログリッド内に設置する再エネにより、数日間独立運営を可能とする地域エネルギーマネジメントシステムの導入と運営を推進します。

■株式会社A.L.I. Technologies 表明挨拶


Energy Solutions本部長 渡慶次 道隆(とけいじ みちたか)

今春よりエネルギー事業の専門部署を立ち上げ、“zeroboard”という、企業活動におけるCO2排出量を可視化するツールを提供しております。そのツールの中で、環境価値の売買が可能となっており、小田原の実証では環境価値の地産地消に活用する予定です。
国が脱炭素化への目標を掲げたばかりですが、中小企業や生活者が自分事として脱炭素化にとりくみ、ライフスタイルを変革するに至っておりません。どのような規模の企業でも、国や大企業に任せきりにするのではなく、自分ごととして脱炭素化に向けて邁進していってほしい。zeroboardはそのような思いから立ち上げたサービスです。
本マイクログリッド実証の設備があるエリアは、小田原市街に近く、多くの方が訪れる場所です。本事業をきっかけに、環境価値の流通をはじめとする脱炭素化へむけた取り組みを身近に感じ、市民の方にわかりやすいプロジェクトとして発信して行きたいです。

■協定書調印式 登壇者
小田原市長 守屋 輝彦氏
京セラ株式会社 執行役員 経営推進本部長 濵野 太洋氏
株式会社REXEV 代表取締役 渡部 健氏
湘南電力株式会社 代表取締役 原 正樹氏
株式会社A.L.I. Technologies  Energy Solutions本部長 渡慶次 道隆

■参考リリース
神奈川県小田原市における再生可能エネルギーを活用した地域マイクログリッド構築事業に関する採択について

小田原市における地域マイクログリッドを活用したエネルギーマネジメント事業に関する協定の締結

A.L.I. 電力・エネルギーソリューション 公式サイト
CO2排出量を算出・可視化する、SaaS型脱炭素化プラットフォーム「zeroboard(ゼロボード)」の詳細はこちらをご覧ください。

※本プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。今後予告なしに変更となる場合があります。

<A.L.I.の概要>
A.L.I.は、AI搭載型ドローンをはじめ、各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、サステナブルな社会を創造する電力ソリューション事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を目指すエアーモビリティ事業を展開しております。
A.L.I.は、今後も、既存の発想に捉われず、ドローン、AI、ブロックチェーンなどのテクノロジーを活用したプロダクトを開発し、イノベーションを起こし続けてまいります。
公式サイト: https://ali.jp/
お問い合わせ先: info@ali.jp(広報ユニット)

関連ファイル

印刷用

Recruit採用情報

成長し続けることは変化すること。A.L.I. の組織や仕組みは、常に変化し続けています。
年齢、国籍、性別問わず、メンバーのポテンシャルが最大化できる職場環境を常に模索し続けています。

Read More