CAREERS
CONTACT
News&Topics

ニュース&トピックス

2019/08/01

東京モーターショー2019でのA.L.I.オリジナルホバーバイク“Speeder®” Limited Edition(正式名称は非公開)のプロトタイプの出展が決定

エアーモビリティ社会実現のテクノロジーリーダーである株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔、以下「A.L.I.」)は、10月24日から開催される第46回東京モーターショー2019[The 46th Tokyo Motor Show 2019](以下「TMS」)において、2020年発売予定のオリジナルホバーバイク “Speeder®” Series Limited Edition(正式名称は非公開)のプロトタイプを発表することをお知らせいたします。

A.L.I.が研究・開発を進めるホバーバイク“Speeder®”は、地上数十センチを浮上走行するモビリティであり、災害時の人命救助、砂漠や湿地、海上や離島など難移動地域での移動手段、レースなどのレジャー・ホビー用途など、モビリティの新たな社会的価値を創造することを目指しております。
2019年3月の有人公開飛行試験においては、一定高度を保った走行、姿勢制御をしながらの走行試験に成功しておりますが、Limited Editionの発売に向け、更なる安全性の実現と実用性を目指し開発を加速化してまいりました。今般、こうした取組みの結果、今秋のTMSにて国内初のホバーバイク“Speeder®” Limited Editionのプロトタイプの発表へと至ったものです。
TMSでは、これまでA.L.I.が発表してきたモデルと比較して、機能やデザイン面において、次元の異なる進化を遂げた我々が目指す理想のモデルが初めて発表される予定です。また、発表は、「ファッション・自然・テクノロジーの融合」を基調とし、2019年のTMSのテーマである”OPEN FUTURE“に即して、未来ある若い世代による新たな創造力を刺激する発表にしたいと考えております。

<A.L.I.の概要>
A.L.I.は、AI搭載型ドローンをはじめ各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、独自の自律分散処理システムにより、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を2020年に目指すエアーモビリティ事業を展開しております。
A.L.I.は、今後も、既存の発想に捉われず、ドローン、AI、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用したプロダクトを開発し、イノベーションを起こし続けてまいります。
公式サイト: https://ali.jp/
お問い合わせ先: info@ali.jp(広報ユニット)

関連ファイル

印刷用

Recruit採用情報

成長し続けることは変化すること。A.L.I. Technologiesの組織や仕組みは、常に変化し続けています。
年齢、国籍、性別問わず、メンバーのポテンシャルが最大化できる職場環境を常に模索し続けています。

More Detail