MISSION&VISION

ミッション&ビジョン

OUR MISSION

Establish the Theory

OUR VISION

次世代を支える
新たなインフラ企業となる

TOP MESSAGE代表挨拶

私は子どもの頃から映画『スター・ウォーズ』が大好きでした。人間が想像した世界観ですが、こんな世界が現実のものとなったら素晴らしいだろうと考えています。携帯電話のダイヤルボタンがなくなり、今のように小さくなること、電気自動車がハイスピードで走るようになるとは、多くの人々は想像しませんでした。しかし、想像した人が実現させたのです。

私たちA.L.I.Technologiesは、最終的にクルマやバイク、UAV(無人小型飛行体)が自由に空を飛び交う「エアーモビリティ社会」を実現することを目指しています。

来るべき未来「エアーモビリティ社会」を実現するためには「飛行体の制御」「空路を設計し、事故が起こらないように空路を認証する」という、大きく2つの技術が必要だと考えています。そのために現在、産業用UAVの受託開発、ブロックチェーン活用プラットフォームの構築・運用などを手掛けています。法整備された後、すぐにプロダクトや航空管制システムが提供できるようにするため、こうしたビジネスを通じて技術や知見を蓄積しつつ、さらなる飛躍を狙いたいと考えています。

UAV・ブロックチェーン・AI といった先端技術の発展は、社会のあり方を大きく変える可能性を秘めています。私たちは、これらの先端技術領域のリーディングカンパニーとなり、これらの技術を結集することで、人々が空飛ぶクルマで安全かつ自由に空を飛び交う社会を実現します。

A.L.I. は未来の社会を創造し続ける会社でありたいと思っています。

株式会社A.L.I.Technologies
代表取締役会長

小松 周平

「挑戦し、創造し、貢献する生き方を目指す。」
これは、私が学生時代を過ごした学校が掲げていた目標でした。そこで培った姿勢・価値観は今でも自分の中に強く根付いており、A.L.I.Technologiesの事業においても、これらを非常に大切にしております。

A.L.I.はエアーモビリティ社会を実現し、次世代のインフラ企業になるという壮大で「挑戦」しがいのあるビジョンを持っています。また、誰も現実のモノとして見たことの無いエアーモビリティ社会を実現するには、未知なる世界を細部に亘って想像し「創造」する力が不可欠です。

そして当社の商品・サービスには、最先端のドローン・AI・ブロックチェーン等、テクノロジーの活用に加えて、空の領域を身近にすることで事業者・消費者にどんな「貢献」をし、社会に受容されるものにしていくかを同時に考えることが求められます。

我々は、スタートアップの柔軟性・機動性を武器にしつつも、日本の製造業・インフラ企業が保有する資産や技術とも密に連携しながら、世界に先駆けてエアーモビリティ社会を日本で実現し、グローバルに発信できる新たな産業としていきたいと考えています。

株式会社A.L.I.Technologies
代表取締役社長

片野 大輔